« Les Globes @ Art/Afrique LVF | トップページ | Les Globes @ Whole Earth Ecolog »

2018年4月14日 (土)

Les Globes @ Verseilles

 Img_3354
 
 ルイ14世繋がり。
 2015年に訪れたベルサイユ宮殿でのアニッシュ・カプーア展であります。

 ベルサイユ宮殿を造ったルイ14世は、「太陽王」と呼ばれた。
 音楽、とくにバレエ好きだったルイ14世は自ら演劇の舞台に立ち、
 ギリシャ神話の太陽神(アポロン)を演じ、以来その渾名を得る。

   私は人々を楽しませようとした。人々は自分たちが好むものを
   王が好んでいるのを見ると、感動するものだ。これが時には褒美を
   与えるよりも人々の心をつかむ

   私の中には太陽が宿っている。他に類を見ない眩い光が触れるもの
   全てに善を齎す。太陽は偉大な君主だけが描きうる最上の美と力を
   与えてくれるのである
          ルイ14世、『王子教育のための回顧録』(Wiki)

 翻って、BnF国立図書館のコロネリの地球儀と天球儀は、太陽からの
 視点で造られたと想像。地球も天空もフランスの王様のものだったから。
 これこそジョルジュ・バタイユが言うところの、至高性の極み。
 王様の為に創られ、有用性やら何かの役に立てよう等とは全く考えられ
 ていなかった。だからこそ現代にまで普遍の価値として残った。

 アニッシュ・カプーアは、そんなルイ14世が心血を注いで造りあげた
 ベルサイユ宮殿の庭で、サイトスペシフィックアートとしての太陽の
 集光器をオマージュとして捧げたのでしょう。

 人々を楽しませようとしたのは、カプーアもまた同じ。

 ただ球面の大鏡を置いただけで、人々は本能的に惹きつけられる。
 何故なら地球上の生物のほとんどは光で生かされているから。
 この世にある自分の姿は虚(うつろい)であり、時空のなかで歪み
 ながら刹那に生きている。だからそのことを確かめようと太陽の
 大鏡へ向かいスマートフォンを取り出す。そして私もまた。

 コロネリやカプーア、古今アーティストとは錬金術師のことなり。
 読み書きが万人には出来なかった時代から今もなお、光と時を
 扱える者は崇められ、また恐れられる。
 絵画の時代が長く続いた後に、写真は時を留める手立てとして
 近代からの夜明けに発明された。
 明日の量子コンピューターは光を素粒子で捉える。
 そして太陽の模倣、核融合発電の知らせが人々の元に届けられる
 のは今世紀中、そう遠くないでしょう。その暁にはスウェーデンの
 王様も褒美を授ける。代理で渡すだけですが。


 Img_3351
 Img_3331
 Img_3355

 Img_3383
 Img_3364

 
 どうでも良いんですが、
 JMウェストンで、とてもキツくて小さなサイズの靴を強く薦められる
 理由は、ルイ14世から始まるバレエ趣味の纏足、つまり足が小さい
 ことが貴族の証だったことに倣っていると思ってみるてすと。
 ホンマかいな

      

|

« Les Globes @ Art/Afrique LVF | トップページ | Les Globes @ Whole Earth Ecolog »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144630/66999904

この記事へのトラックバック一覧です: Les Globes @ Verseilles :

« Les Globes @ Art/Afrique LVF | トップページ | Les Globes @ Whole Earth Ecolog »